現金が急遽必要になったときは低金利な銀行系カードローンがオススメ

高い金利に要注意

「高い金利に要注意」のフォトです。

カードローンと言うと消費者金融カードローンが有名ですが、こちらは高金利となってしまうのがネックです。最終的な返済額が借入金額の倍近い額になってしまうことも珍しくなく、大きな負担になりがちなので注意しましょう。

続きを読む

もうひとつのカードローン

「もうひとつのカードローン」のフォトです。

カードローンには消費者金融カードローンの他に、銀行系カードローンがあります。両者を比較してみると、低金利や総量規制対象外という点など、銀行系カードローンにはさまざまな長所があります。

続きを読む

計画的に正しく利用

「計画的に正しく利用」のフォトです。

カードローンの申込みをすれば、簡単に大金を手にすることができます。しかし、だからといって余計に借入をしたり、使い込んでしまうと、後々みなさんの負担が大きくなってしまうので注意しましょう。

続きを読む

記事一覧

「記事一覧」のフォトです。 「現金が急遽必要になったときは低金利な銀行系カードローンがオススメ」の記事一覧です。続きを読む

現金の借入を申し込む

「現金の借入を申し込む」のフォトです。

どうしても緊急で現金が必要になってしまい、なおかつ手元にその必要額がない場合、おそらくみなさんは何らかの方法で現金を用意しようと必死になるはずです。
早急に現金を用意する方法はいくつか考えられるでしょう。
「家族・友人に相談する」「所持品を売却する」「短期間で稼げるアルバイトをする」などです。
ただ、どの方法にしてもネックとなる部分があります。
まず知人への相談ですが、相手の経済状況次第では必ずしもお金を借りられるわけではありません。
それに、金銭の貸し借りによって人間関係が悪化してしまう危険もあります。
所持品の売却は、絶対に高額で買い取ってもらえる保証はないですし、大体はみなさんが思っているよりも遥かに安い値段でしか買い取ってもらえずに終わってしまいます。
アルバイトは不採用となってしまう可能性もありますし、その日のうちに現金が必要な場合だとまったく間に合いません。
このように、どの方法を採用してもみなさんの金銭トラブルを解決できる保証はないのです。

そんなときに力となってくれるのがカードローンです。
審査・手続きをクリアしてしまえば現金の借入をすることができますし、中には即日融資をおこなっているカードローンもあります。
知人に知られることなく現金の借入ができるため、気まずい思いをすることなく問題を解決することも可能です。
最近ではカードローンの案内を目にすることも増えてきましたが、おそらく多くの方がイメージするのは消費者金融カードローンでしょう。
しかし、カードローンには消費者金融の他に、銀行系カードローンもあります。
同じカードローンではあるのですが、消費者金融カードローンと銀行系カードローンには違った特徴があるのはご存知でしょうか。
こうした金銭に関する緊急事態はちょっとしたアクシデントによって誰にでも起こりうることですので、いつカードローンのお世話になるかはわかりません。
万が一の場合に備え、今のうちからカードローンに対する知識を頭に入れておきましょう。